おめでたい日に遅刻は禁物!挙式と控え室でのマナー

会場には余裕を持って入ろう!

結婚式の当日は余裕を持って、遅くとも式・披露宴の開始時間30分前には会場に到着するようにしましょう。交通渋滞や事故などのアクシデントがあってもあわてないように、当日は余裕を持って行動することが大切ですね。会場の場所や交通手段などは、事前にチェックしておきましょう。バッグ以外のコートや手荷物をクロークに預けたら、化粧室で身だしなみを整えて受付に向かうようにします。開宴15分前までには受付をすませましょう。

知っておきたい!受付でのマナー

受付では、「本日はおめでとうございます」というお祝いの言葉を忘れないようにしましょう。当日ご祝儀を持参する場合は、ここで渡します。事前にお祝いを贈ってある場合は、芳名帳への記帳がすめば受付は終了です。ただし、周りが祝儀袋を持参する中、手ぶらでは何となく気詰まり、というときには、「お祝いはすんでおりますので」と、一言断ってもよいでしょう。芳名帳に記帳するときは、代筆はマナー違反ですよ。夫婦で出席するときは、まず夫が姓名を記し、妻は名前のみを自筆するようにしましょう。

控え室ではなごやかに過ごそう!

開宴まで時間に余裕のある場合は、受付や会場のスタッフの案内に従って控え室などで待ちましょう。控え室に案内されたら、まずは両家のご両親にお祝いの言葉と招待へのお礼を述べ、初対面の場合は簡単な自己紹介をします。新郎新婦へのお祝いの言葉は。手短にすませるのがマナーですよ。飲み物などをすすめられときは遠慮なくいただき、開宴までの時間をなごやかな雰囲気で過ごすといいですね。挙式や写真撮影、開宴の際は、スタッフの指示に従って行動しましょう。

高崎の結婚式場では振る舞われる料理の質も高いので参列者の方に気に入ってもらえるメニューを出すことができます。