スタンダードが吉?プロポーズのシチュエーション

プロポーズはスタンダードなものがいいようです

海外の動画などで、奇想天外なプロポーズの様子を記録したものなどをたまに見ますが、日本人の女性にとってはあまり好評ではないようです。基本的に慎み深く、悪目立ちしたくないというのが日本人女性ですので、二人だけのときに誠実に気持ちを伝えてくれたほうが嬉しい、と感じるのかもしれません。夜景を見ながらとか、高級レストランで食事の後に、など、あまりにも非日常の演出をされると引いてしまう女性も少なくはありません。

サプライズもよしあしです

サプライズも、あまりやり過ぎると女性が引いてしまうどころか、プロポーズを断られてしまうということもあり得ます。特に、たくさんの人を巻き込んだものや、メディアを巻き込んだもの、大勢の中で目立つようなものは、恥ずかしくていたたまれなくなり、逃げ出してしまうような女性もいます。電光掲示板に相手の名前と求婚の文言を流したりというのも、恥ずかしいからいやだという女性の声が多いです。大事なことをふざけている、と取られてしまう場合もあります。

誠実に、安心感を持たせよう

いつも通りのデートをしたあとや、のんびり二人でくつろいでいるときなど、自然体でリラックスした状態のときに「こんな生活が続けばいいな」と思わせるようなプロポーズが無難かもしれません。そもそも、結婚というのはドラマチックなゴールではなくここから始まるスタートなので、「この人と一緒ならずっと安心して暮らせそう」と思われるほうがいいでしょう。これから二人で協力しあって生きていく覚悟を確認しあう瞬間だとも言えます。

最近のプロポーズには色々な演出があります。プロの方に依頼したり飲食店などの協力を得たりと様々ですが一生に1度の事なので思い出に残る演出にしましょう。